「保坂のぶと“せたがやYES!”大集会」満員御礼!(4月11日)

告示日まで8日となった4月11日、世田谷区民会館集会室にて、事実上の決起集会「保坂のぶと“せたがやYES!”大集会」を開催し、200名あまりの支援者の方にお越しいただきました。
 

IMG_4979.JPG

IMG_5092.JPG


保坂のぶと世田谷区長は、まず、公約の肝である「①若者支援 ②地域包括ケア ③災害対策 ④エネルギー革命 ⑤参加と協働」などについて説明。

「相手陣営は『保坂区長にはリーダーシップがない、決められない区政だ』などというが、例えば区庁舎建て替え・保存問題に関わって、いち早く『世田谷総合支所』を交通に便利な三軒茶屋に出す検討に着手したことなどは大きな、迅速な決断と実行だった」
「政治の動きが心配だ。今年は『戦後70年』だが、このままでは『戦後80年』を迎えることはできないのではないか」
と、めずらしく闘志と危機感をあらわにし、「ここには民主主義がある、社会をこのように変えていこうというひな形を世田谷から示したい」と区政担当継続に向けての決意を表明しました。


IMG_5002.JPG


応援スピーチのため駆けつけた評論家の樋口恵子さんは「ひきつづき『私たちのことを私たち抜きで決めないで』という声に応える参加と協働の先進的な区政を進めて欲しい」と激励。
 

IMG_4963.JPG
樋口恵子さん


教育ジャーナリストの猪熊弘子さんも「世田谷区は『待機児童数ナンバーワン』は他の一部の自治体のような水増しをしていないため。総合的には他の自治体より進んでいる質の高い子育て支援を引き続き充実してほしい」と述べました。
 

猪熊弘子さん
猪熊弘子さん


また多忙の中閉会間際に駆けつけた歌手の大島花子さんは「保坂区長はグリーフサポート支援にも力を入れておられます。父・坂本九が亡くなった事故から30年経ちましたが、当時は悲しみを癒して支えるそうしたサポートはありませんでした。私もこの活動に参加していきたい」と語りました。

政界からは民主党の手塚よしお前衆議院議員元、日本共産党の桜井みのる区議、世田谷・生活者ネットワークの西崎光子都議、社民党の羽田圭二前区議(党総支部代表)が各党を代表して挨拶したほか各党議員団を紹介、大河原雅子前参議院議員、無所属の桜井純子区議からも激励の挨拶がありました。さらに中村重美・世田谷地区労議長、そして労組OBによる保坂応援団を組織した富塚三男元総評事務局長、作家の小中陽太郎さん、ジャーナリストの萩原博子さんからも応援スピーチがありました。
 

【出席議員一覧】(区議会議員は現職のみ)


民主党
 手塚よしお・前衆議院議員
 山口拓・前東京都議会議員
 関口太一・前東京都議会議員
 風間ゆたか・世田谷区議会議員
 中村公太朗・世田谷区議会議員


日本共産党
 桜井みのる・世田谷区議会議員


世田谷・生活者ネットワーク
 西崎光子・東京都議会議員
 高岡じゅん子・世田谷区議会議員
 てるや里美・世田谷区議会議員
 植田靖子・世田谷区議会議員


社民党
 羽田圭二・東京都連合幹事長(前世田谷区議会議員)
 唐沢としみ・世田谷区議会議員


無所属
 桜井純子・世田谷区議会議員


大河原雅子・前参議院議員

| 保坂展人 ネットサポート | 2015/04/13

この記事へのコメント

≫ 齋藤靖彦
保坂氏の再選、家族一同応援しております。頑張りましょう!
コメントを送る

※ メールは公開されません


画像の文字を入力してください