Darwin Room Liberal Arts Cafe 緊急トークイベント【共謀罪とは何か?】

event20170416_image.png

日 時│2017年 4月16日(日)
13:00〜15:30/開場30分前
トーク│竹田昌弘+保坂展人+前田真里
会 場│下北沢・ダーウィンルーム2F ラボ
参加費│1,500円 税込/おいしいコーヒーか紅茶付き

 

共謀罪を「テロ等準備罪」と言い換えて、戦後で最も危険な法案が成立しようとしています。
今から十二年前、共謀罪に関して国会審議で過去三回の廃案につなげた論戦を担った保坂展人 世田谷区長と竹田昌弘さんが、ジャーナリズムの視点から徹底的に論じるのを、前田真里さんが市民目線でお伺いします。

 

保坂 展人 ほさか・のぶと
世田谷区長、ジャーナリスト。
1955 年、宮城県仙台市生まれ。高校進学時の「内申書」を めぐって「内申書裁判」をたたかう。1980 年代から学校、教育問題をテーマにジャーナリストへ。1996 年総選挙で衆議院議員となり、2009 年まで、3 期 11 年間をつとめ、国会質問 546 回を重ね「質問王」の異名をとる。近著に『88 万人のコミュ ニティデザイン』(2014 年・ほんの木 )、『闘う区長』(2012 年集英社新書 )、『相模原事件とヘイトクライ ム』(2016 年・岩波ブックレット )、『脱原発区長はなぜ得票率 67% で再選されたのか ? 』(2016 年・ ロッキング・オン ) 2005 年から 2006 年にかけて、衆議院法務委員会で共謀罪の危険性を指摘。「目配せ」でも成立の答弁は有名になった。

竹田 昌弘 たけだ・まさひろ
共同通信 編集委員室編集 兼論説委員。
1961年富山県生まれ。86年早大法学部卒。毎日新聞記者から92年に共同通信記者へ転じ、社会部で検察庁、裁判所、警視庁、法務省を担当、司法キャップ、社会部次長などを経て、2016年から編集委員室編集委員兼論説委員。参院法務委員会参考人(裁判員法)、世田谷区基本構想審議会委員、つくば国際大学非常勤講師も務めた。著書に『知る、考える裁判員制度』(岩波ブックレット)など

前田 真里 まえだ・まり
司会者(ホリプロ・アナウンス室) 。
1981年長崎県生まれ。明治大学政治経済学部卒。 TV朝日系列 長崎文化放送のアナウンサーを経て、CS朝日ニュースター、日経CNBC等のキャスターや戦国鍋TVのMCを務める。2012〜2016年NY在住。ハフィントンポスト日本語版などに執筆。 ニューヨークと日本と行ったり来たりされながら米国の政治状況を日本に解説されている。トランプ現象も現地の状況を踏まえて解説される現場主義のフリーアナウンサー。

主 催│好奇心の森・ダーウィンルーム│保坂展人と元気印の会│リベラル日本研究会

<お申し込み>メールフォーム こくちーず

<お問い合わせ>
好奇心の森「ダーウィンルーム」
〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-31-8
tel&fax:03-6805-2638
e -mail:darwinroom@me.com

| genki-kanri | 2017/04/16