政治はどうしたら質を変えることができるのか

アメリカ大統領選挙予備選で注目された共和党「トランプ現象」の影で、民主党「サンダース現象」が勢いを強めています。長い間、経済は市場に委ねら れて、富裕層が肥大化すると共に貧困層が増大する等、アメリカ社会の格差は拡大する一途でした。そこに、民主党予備選で格差是正、大学無料化、平和主義を 掲げたバーニー・サンダース候補が、本命で独走すると見られていたヒラリー・クリントン候補を猛追しています。どの候補よりも高齢でありながら、若者たち の熱い支持と驚異的に広がる個人献金で「大統領選挙」の常識や光景を塗り替えました。
アメリカ社会の病理とも言える格差拡大や若者の政治参加等、日本にも共通項がありますが、決定的な違いは「受け皿」がまだ出来ていないということでしょうか。保坂展人と宮台真司が日本の政治の課題を掘り下げ、これから何をすべきかを語り合います。

◎日 時 2016年6月7日(火) 19:00-(18:30開場)
◎会場 三茶しゃれなあどホール集会室(オリオン)
      (世田谷区太子堂2-16-7、Tel:03-3411-6636 東急田園都市線・世田谷線 徒歩2分)

◎ プログラム(予定)

・「18歳選挙権と若者支援政策について」
 保坂のぶと(世田谷区長)
・「特別報告 なぜ「サンダース現象」は勢いが衰えないのか――現地からの「生の声」を聞く」
 前田真里(フリーアナウンサー)
・「日本の政治 今とこれからを語る」
 保坂のぶと×宮台真司(社会学者)

◎資料代 800円(手話通訳・キッズスペース有り)
◎お申し込み こくちーず
◎ 主催 保坂展人と元気印の会、たがやせ世田谷区民の会
  TEL03-6379-2107 FAX03-6379-2108

event20160607_chirashi.jpg

| genki-kanri | 2016/06/07